2014年 1月

  1. 「技術」の就労ビザによって日本企業で働いている外国国籍の人が、日本において会社を設立することは、必要書類を整えることができれば可能でしょうか?

    書類を整えることができるのなら、外国国籍の人が日本において会社を設立することに、問題はないといえます。基本的には、日本人が会社を設立するのと同様です。 しかし、会社の役員として活動するためには「投資・経営」のビザが必要とされますので、「…

  2. 領収書を発行する際には、収入印紙を貼付する必要があるのですか?

    「印紙税」というのは、有価証券や契約書、領収書といった印紙税法に規定された課税文書を発行する際に課税…

  3. 休眠会社を買い取って事業を始めようと考えていますが、大きなメリットは何かありますか?

    事業を始めるためには、会社を新しく設立する方法のほかに、休眠会社を買い取る方法があります。「休眠会社…

  4. 会社を設立して間もないのですが、先日、売掛金の回収として初めて小切手を受け取りました。小切手をどのように扱ったらいいでしょうか?また、手形は小切手とどう違うのですか?

    会社間の取引においては、現金のほかに小切手や手形も通貨としての役目を担っています。起業したばかりの会…

  5. 利益が発生していて決算が黒字である場合でも、資金繰りに行き詰って会社が倒産してしまうケースは存在しますか?

    利益が発生していて決算が黒字であるのに資金繰りに行き詰って倒産してしまうことを、「黒字倒産」といいま…

  6. 会社を設立しました。従業員を5人雇ってから数ヵ月後に、扶養控除等申請書を従業員からもらうのを忘れていたことに気づきました。源泉所得税は甲欄で算出して天引きしていますが、今からでも扶養控除等申請書を従業員に提出してもらう必要がありますか?

  7. 会社を設立する準備が整っていても営業を始めるためには許認可を要するという事業があるのでしょうか?

  8. 友人4人で会社を設立することにしました。4人全員が取締役で共同経営者です。株も4人で同数ずつ持ち合う予定です。この4人以外に出資者や従業員はいません。周囲の人たちには反対されますが、何かデメリットはありますか?

  9. 株式会社を設立しようとしています。資本金を少しでも増やすために、約数千円で購入した専門書等の書籍数十冊を出資したほうがいいでしょうか?

  10. 自己資金ギリギリで事業を開始しました。日本政策金融公庫は小さな会社でも借りやすいそうですので、事業を行っていきながら資金不足に陥った際に借入れをするという考えで大丈夫でしょうか?

おすすめ記事

法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?

法人成りを行い、年の中途で個人事業の廃業をしたら、その年についてはそれまでと同様に確定申告が必要とな…

ピックアップ記事

PAGE TOP