会社の法務

「技術」の就労ビザによって日本企業で働いている外国国籍の人が、日本において会社を設立することは、必要書類を整えることができれば可能でしょうか?

書類を整えることができるのなら、外国国籍の人が日本において会社を設立することに、問題はないといえます。基本的には、日本人が会社を設立するのと同様です。
 しかし、会社の役員として活動するためには「投資・経営」のビザが必要とされますので、「在留ビザの更新・変更」が問題となります。すなわち、「投資・経営」ビザではなく、「技術」、「技能」、「人文知識・国際業務」、「企業内転勤」等の就労ビザか留学ビザを持っているという状況であれば、会社を設立した後にビザの変更を行わなければなりません。

 上記の投資・経営ビザについては、容易に取得できるわけではなく、取得するためには次のような条件に該当しなければなりません。
・500万円以上の資本金を出資していること(500万円以上の投資をしていること)。
・事務所として用いる施設が日本国内に確保されていること。
・2人以上の日本に永住権を有する人を常勤職員として雇うこと、又は日本国内において500万円以上の年間経費を支払い続けること。
・行う事業に、実現性や継続性があること。
 これらの条件に当てはまるのであれば、会社の設立を行い、投資・経営ビザに変更する手続きを申請することとなります。会社を設立しても、投資・経営ビザが認められなければ、会社経営が違法行為となってしまいます。外国国籍の人が会社を設立するに当たっては、十分な検討が必要であるといえるでしょう。

関連記事

  1. 会社を経営しています。契約書を作成せずに取引してきましたが、知り…

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP