相続について

  1. 税務調査の対象となりやすい場合におきましては、どのようなものが存在しているのでしょうか?

    次のような場合が考えられるでしょう。(一) 生前所得から推定することにして、相続財産が非常に少ない場合。(二) 家族名義の財産の申告がされていない場合。(三) 申告書に誤りが存在している、もしくは資料等に不備が存在している場合。…

  2. 納税義務について、説明してください。

    <解答>(1) 納税義務者の範囲 海外におきまして、住所を有する場合においてなどの相続税の納税義…

  3. Q.取引相場のない株式等に係る相続税の納税猶予制度について教えてください。

    A.後継者が相続か遺贈によって自社株式を取得した場合、その後継者の納税が80%猶予されます(相続前よ…

  4. Q.小規模宅地等の特例について教えてください。

    A.小規模宅地等の特例というのは、特定居住用宅地等に該当する宅地等につき240�uまで(平成27年1…

  5. Q.平成25年度税制改正の内容のうちで贈与税関係の代表的なものを教えてください。

    A.平成25年度税制改正の内容のうちで贈与税関係の代表的なものは以下の通りです。1.暦年課税…

  6. 同時死亡について、説明してください。

  7. 生命保険金と遺留分減殺請求について、説明してください。

  8. 税務調査においては、どのようなことを調査されることになるのでしょうか?

おすすめ記事

法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?

法人成りを行い、年の中途で個人事業の廃業をしたら、その年についてはそれまでと同様に確定申告が必要とな…

ピックアップ記事

PAGE TOP