法人成り

会社設立に関わる法人成り前の支出は、個人の費用ですか?会社の費用ですか?

会社設立前の経費は、法律的に会社を設立するための「創立費」及び営業を開始するための「開業費」に大別できます。
 創立費の具体例として、会社設立のための司法書士に対する報酬、登録免許税、定款及び諸規則作成費用、金融機関の取扱い手数料、株券印刷費用が挙げられます。そして、開業費の具体例として、広告宣伝費、準備のための交通費、土地及び建物の賃借料、接待交際費(関係者との飲食代等)、従業員に対する給料、名刺代、印鑑代が挙げられます。
 上記の創立費及び開業費は、会社設立後に1期目の費用として計上するか、資産計上して償却していくことができます。したがって、会社設立前の支出についても、領収書を保管しておくといいでしょう。

関連記事

  1. このたび法人成りしました。法人名義の銀行口座は、すぐに開設できる…
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法と…
  3. フリーのライターとして約2年間仕事をしてきましたが法人成りを考え…
  4. 法人成りに当たって、自己資金が1,000万円に満たなくても1,0…
  5. 法人成りして4ヶ月が経過しました。給与計算等の事務処理は、社長で…
  6. 消費税課税事業者の法人成りに伴ってそれまで使っていた土地を会社に…
  7. 法人成りしましたが、税務署に提出しなければならない書類があるので…
  8. 法人成りし、小規模な株式会社を設立する予定です。定款に公告方法を…

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP