法人成り

個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

個人事業主が自身の事業を法人化することを法人成りといいますが、この会社設立前に売上や経費が発生してしまう場合があります。このような会社設立前の売上や経費は、たとえ設立の前日のものであっても、個人事業の損益として扱うのが原則です。
 法人成りに当たっては、取引状況等に照らし、設立登記のタイミングについて計画を練らなければなりません。

関連記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告…
  2. 法人成りして5ヶ月が経過しましたが突然売上が落ち込み、資金が残り…
  3. 法人成りに当たって、取締役会を置かなければならないのですか?
  4. 法人成りして4ヶ月が経過しました。給与計算等の事務処理は、社長で…
  5. 法人成りの一般的な手順を教えてください。
  6. 1人でマッサージ店を経営していますが、スタッフ2名を雇用したいと…
  7. 法人成りしましたが、税務署に提出しなければならない書類があるので…
  8. 法人成りに当たって、自己資金が1,000万円に満たなくても1,0…

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP