会社設立と経理

法人用クレジットカードで支払った経費について、カードの利用日で処理したり決済日で処理したりしていますが、いずれかの日で処理するように統一した方がいいですか?

お金の動きにかかわらず収益や費用の事実が生じた時点において計上することを「発生主義」といい、現金を受け取ったり支払ったりした時点において計上することを「現金主義」といいます。会社では、発生主義で会計を行うのが原則です。
 クレジットカードを用いた場合にも発生主義で処理するのが原則であることから、カードの利用日に経費計上をすることとなります。仮に、9月18日にクレジットカードで航空券を購入し、カードの決済日が11月5日であるとします。この場合、費用が発生したのは9月18日ですので、発生主義に基づく処理では、次のような仕訳になります。
9月18日 旅費交通費/未払金
11月5日 未払金/預金
一方、現金主義に基づく処理では、次のような仕訳になります。
11月5日 旅費交通費/預金
 なお、現金処理に基づいて処理している場合においても、利用日より決済日までの間に決算日がくるのであれば、決算修正で未払処理が必要とされます。期中に生じた費用については、費用として計上する必要があるからです。
 記帳を行うに当たっては、発生主義と現金主義のいずれかの方法に統一しなければなりません。カードの利用日で処理する場合もあれば、決済日で処理する場合もあるという状況では、経営の管理を適切に行うことは不可能です。

関連記事

  1. 利益が発生していて決算が黒字である場合でも、資金繰りに行き詰って…
  2. 会社設立時に決算期を決めるに当たっては、いかなる観点より検討する…
  3. 領収書を発行する際には、収入印紙を貼付する必要があるのですか?
  4. 従業員10人の会社を設立し、このたび初めて年末調整をしました。従…
  5. 会社を設立して間もないのですが、先日、売掛金の回収として初めて小…
  6. 慶弔金については、領収書をもらっていませんので会社の経費として計…
  7. 会社を設立し、従業員を4人雇っています。月ごとに従業員の給与より…
  8. 半年前に会社を設立しました。利益は発生しているのですが、資金繰り…

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP