会社設立と経理

半年前に会社を設立しました。利益は発生しているのですが、資金繰りに苦労しています。原因を調べると、売掛金が2件あると分かりましたが、放置しておかない方がいいでしょうか?

企業間における取引では、通常は現金をその都度動かすわけではなく、信用に基づき掛売りを行います。売上金の帳簿上の未収金のことを「売掛金」といい、当然ながら売掛金は回収しないうちは自由に使用できる資金にはなりません。売掛金を回収できないうちに買掛金の支払いがかさんだ場合には、黒字倒産に陥ってしまいます。売掛金が増加することはキャッシュフローの悪化につながるということに、留意が必要です。
 売掛金を確実に回収し、会社のお金を回していくには、平素の売掛金の管理が大切です。時間が経過するに従って、売掛金の回収率は低下する傾向があります。それゆえ、得意先からの支払いが遅れた早い段階で行動することが重要であるといえます。

 得意先ごとの「売掛金管理台帳(得意先元帳)」を作成することによって、売掛金の状況を把握するといいでしょう。売掛金の発生及び回収を正確に管理することが重要です。誤った金額について請求書を発行したり督促したりすることは、得意先に迷惑がかかるだけでなく、信用を失うことにつながります。そして、回収が遅れていることが判明した場合には、早期に対応すれば回収率の向上が期待できます。
 支払いが遅れている得意先には、早期に電話をかけて確認すること等を行います。督促後も支払いがなされなければ、法的手段を取る前に、話し合いの場を設けることを検討するといいと思われます。支払えない理由を聞き、支払える方法について確認を行います。
 話し合いが不可能であったり、話し合いを行って約束したものの支払いがなかったりする場合については、内容証明郵便を送付するという方法が存在します。「内容証明郵便」というのは、いつ、誰から誰に、いかなる内容の文書が発送されたかが、郵便局によって証明されるサービスのことです。このサービスを利用することで、「請求書が届いていない」というような水掛け論を防止できるほか、売掛金の請求に関する時効が延長されます。支払期限より2年が経ち、相手先がこの時効を適用しようとすると、法律上は売掛金が消滅してしまいます。ただし、内容証明郵便を送れば、時効が半年間延長されるのです。
 このような努力の後に、相手先の経営状況等によって回収が不可能であると考えたならば、「貸倒損失」として計上します。回収が不可能である売掛金を放置しておくと、帳簿上は利益が発生していることから、税金がその分かかってしまいます。なお、貸倒損失の計上については、「完全に回収が不能であることが客観的に確定」されないと認められませんので、留意が必要です。

関連記事

  1. 利益が発生していて決算が黒字である場合でも、資金繰りに行き詰って…
  2. 会社設立時に決算期を決めるに当たっては、いかなる観点より検討する…
  3. 法人用クレジットカードで支払った経費について、カードの利用日で処…
  4. 会社を設立しました。従業員を5人雇ってから数ヵ月後に、扶養控除等…
  5. 領収書を発行する際には、収入印紙を貼付する必要があるのですか?
  6. 会社を設立して間もないのですが、先日、売掛金の回収として初めて小…
  7. 従業員10人の会社を設立し、このたび初めて年末調整をしました。従…
  8. 慶弔金については、領収書をもらっていませんので会社の経費として計…

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP