法人成り

法人成りし、法人用クレジットカードを作成しました。私的な買い物についても、このカードを用いて問題ないでしょうか?

事業の経費については法人用クレジットカードを用い、私的な買い物については個人のクレジットカードを用います。
個人事業の場合、事業のお金と私的なお金に区別はなく、売上より費用を引いた残りのお金を自由に使用できます。一方、法人成りした場合には、会社のお金を私的に用いることはできず、会社のお金と私的なお金を明確に区別して管理しなければなりません。会社の経理担当者の負担を軽くしながらお金を管理するためには、口座振替や法人用カードを利用するといいでしょう。

 上記の口座振替や法人用カードの利用について、以下に述べます。

1.口座振替の利用
 現金の動きを可能な限り少なくすれば、会社の経理担当者の負担が軽減されます。
帳簿付けが、経理担当者にとって一番手間がかかります。例えば、水道料金の支払いを現金で行うとすると、現金を預金より引き出し、現金で支払い、銀行につり銭を戻す必要があり、三度にわたって取引が生じてしまうこととなります。一方、銀行引落としなら、引き落とされた際の一度の帳簿付けのみとなり、お金を下ろすために銀行へ出向くことや、支払いを行うことが不要となります。現金の場合は残高確認のためには数えなければならないのに対し、預金の場合は通帳を確認するだけで済みますので容易に行うことができます。
口座振替が可能であるものについてはできる限り活用し、経理の負担を軽減するといいでしょう。

2.法人用クレジットカードの利用
 口座振替が可能であるものは全て活用したとしても、現金支払いが必要なものも存在するでしょう。したがって、法人用クレジットカードを用いるといいと思われます。会社の口座を、法人用クレジットカードの引落としの口座とすることが可能です。カードを使えば利用明細書が送付されることから、事務処理が容易になります(お店が発行したカード利用明細書や請求書といったものを保管する必要はあります)。
 ただ、個人のカードと比較すると法人用カードは審査が厳しく、作成できないケースも状況によっては存在します。作成できないのであれば、個人名義のカードを会社用カードとみなして用いることになります。会社の口座より引き落とすことは不可能ですから、カード専用の個人口座を開設し、私的な入出金を全くしないこととします。

関連記事

  1. 法人成りの一般的な手順を教えてください。
  2. 法人成りしましたが、税務署に提出しなければならない書類があるので…
  3. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告…
  4. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法と…
  5. 7ヶ月前に法人成りしましたが、忙しくなってきたため2人の従業員を…
  6. 法人成りに当たり、知り合い数人が出資してくれるとのことですが、数…
  7. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れ…
  8. 法人成りに当たって、自己資金が1,000万円に満たなくても1,0…

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP