相続について

税務調査の対象となりやすい場合におきましては、どのようなものが存在しているのでしょうか?

次のような場合が考えられるでしょう。
(一) 生前所得から推定することにして、相続財産が非常に少ない場合。
(二) 家族名義の財産の申告がされていない場合。
(三) 申告書に誤りが存在している、もしくは資料等に不備が存在している場合。
(四) 相続人の財産が推定所得に比べて多い場合。
(五) 課税価格が3億円を超えてしまう場合。

関連記事

  1. Q.小規模宅地等の特例について教えてください。
  2. 税務調査においては、どのようなことを調査されることになるのでしょ…
  3. Q.平成25年度税制改正の内容のうちで贈与税関係の代表的なものを…
  4. 納税義務について、説明してください。
  5. Q.取引相場のない株式等に係る相続税の納税猶予制度について教えて…
  6. 生命保険金と遺留分減殺請求について、説明してください。
  7. 同時死亡について、説明してください。

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP