相続について

税務調査においては、どのようなことを調査されることになるのでしょうか?

<解答>
 メインとなる調査事項については、申告書記載の財産の確認ではなく、その他の財産を見つけることになるでしょう。
 自宅の金庫、銀行の貸金庫の中を確認されたり、手帳・ノート・金融機関等のはがきなどから、申告漏れの財産が存在していたりしないかどうかをチェックされることになるでしょう。
 税務署のチェック項目の一例を挙げておきます。
【不動産】
(一) 共有不動産の申告漏れは存在していないか。
(二) 先代名義の不動産の申告漏れは存在していないか。
(三) 借地に建物を建てている場合における借地権の申告漏れは存在していないか。

【有価証券】
(一)家族名義における有価証券の申告漏れは存在していないか。
(二)無記名債券の申告漏れは存在していないか。
(注)調査において明らかになった場合については、重加算税の対象となることになり、配偶者の税額軽減の対象になることはないので、注意が必要となるでしょう。
(三)非上場株式・出資金の申告漏れは存在していないか。
 (例)親戚・知人が経営している法人の株式・出資金。

【預貯金・現金】
(一) 家族名義の預金の申告漏れは存在していないか。
(注1)相続人および被相続人における過去5年の間の預金通帳から家族名義の通帳に被相続人の預金が混ざっていないかどうかのチェックを行うことになるでしょう。専業主婦である妻名義の預貯金が数千万円であるケースなどにつきましては、取得経緯を尋ねられることになるでしょう。
(注2)孫に贈与を行った預金であったとしても、通帳・印鑑とも被相続人が管理することになりまして、孫が預金を使用した形跡が存在していない場合などにつきましては、名義預金と認定されることになるでしょう。
(二) 相続開始直前の引き出し額の申告漏れは存在していないか。

【保険】
(一) 契約者が相続人であるにもかかわらず、被相続人が実際については保険料を負担していた保険契約の申告漏れは存在していないか。

【その他】
(一) 同族法人に対しての貸付金・未収入金等の申告漏れは存在していないか。
(二) 相続開始前3年以内の相続人への贈与の申告漏れは存在していないか。

関連記事

  1. Q.取引相場のない株式等に係る相続税の納税猶予制度について教えて…
  2. 納税義務について、説明してください。
  3. Q.平成25年度税制改正の内容のうちで贈与税関係の代表的なものを…
  4. 同時死亡について、説明してください。
  5. Q.小規模宅地等の特例について教えてください。
  6. 税務調査の対象となりやすい場合におきましては、どのようなものが存…
  7. 生命保険金と遺留分減殺請求について、説明してください。

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP