資本金・資金調達

株式会社を設立するに当たり、両親より資金を個人として借りましたが、借用書を作成しなくてもいいでしょうか?

両親より起業家個人として資金を借りたときには、税金は課されないものの、借りたという証拠が存在しなければ、贈与であるとみなされて贈与税が課される可能性があります。したがって、借用書を作成することが必要です。借用書には、借入金額、返済期間、利息等を明記しましょう。

起業の際に両親より援助を受けるなら、上記のほかに次のような方法が挙げられます。

1.個人的に資金の贈与を受ける方法
 両親より贈与を受けた場合、贈与を受けた起業家個人として贈与税の申告及び納税をしなければなりません。ただ、その贈与が年間110万円までである場合には、贈与税は課されません。

2.会社に融資してもらう方法
 会社として両親に資金を借りた場合、会社が返済していくこととなり、借用書が必要とされます。

3.会社に出資してもらう方法
 会社の株主になってもらった場合、資金的に余裕が生まれれば、株を両親より買い取ることによって出資関係を解消することも可能です。

関連記事

  1. 株式会社を設立しようとしています。資本金を少しでも増やすために、…
  2. .資本金が1円であっても株式会社を設立できると聞きました。資本金…
  3. 自己資金ギリギリで事業を開始しました。日本政策金融公庫は小さな会…
  4. 株式会社を設立するに当たり、両親及び叔父が出資してくれるとのこと…

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP