会社設立直後

.資本金が1円であっても株式会社を設立できると聞きました。資本金はあまりありませんが、資本金1円で株式会社を設立し、運転資金については金融機関より借り入れればいいでしょうか?

平成18年より施行された新会社法においては、最低資本金額の規制が撤廃されていることが最も注目の集まる点でしょう。新会社法施行前には株式会社の設立には資本金1,000万円が必要とされましたが、施行後は資本金が1円であっても設立可能となりました。それゆえ、「1円起業」という言葉をしばしば耳にするようになりました。しかし、会社設立のためには約30万円の費用を要するほか、事業を行っていくための運転資金も必要ですので、実際には1円で起業することはできないでしょう。会社設立直後に取引先からの入金が十分にあるということはないのが通常ですので、資本金は事業を運営していくための大切な元手となります。資本金がもし1円だけなら、取引先からの入金がない間は必要なものも買うことができない状況に陥ってしまいます。
運転資金を金融機関より借り入れることについては、資本金が1円である場合には融資を受けるのも困難です。なぜなら、金融機関は、既存の会社の場合には直近3期分の決算書によってその会社の安全性を判断しますが、創業融資については決算書がまだ存在しないことから自己資金をどの程度準備したのかを安全性の判断基準とするからです。

関連記事

  1. 株式会社を設立するに当たり、両親及び叔父が出資してくれるとのこと…
  2. 株式会社を設立しようとしています。資本金を少しでも増やすために、…
  3. 株式会社を設立するに当たり、両親より資金を個人として借りましたが…
  4. 自己資金ギリギリで事業を開始しました。日本政策金融公庫は小さな会…

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?

おすすめ記事

  1. 法人成りをして年の途中で個人事業を廃業した場合、その年も確定申告をしなければならないでしょうか?
  2. 法人成りに当たり、個人事業の時期の固定資産を会社に引き継ぐ方法として、どのようなものがありますか?
  3. 個人事業から法人成りをすることにしました。設立登記が予定より遅れていて完了していませんが、設立前の売上や経費は個人事業の損益として計算しなければならないのでしょうか?
PAGE TOP